/

井上幸一のお話

福岡住教育セミナー

全国縦断住教育セミナー

〜家事から考える住教育〜

平成29年2月22日 福岡会場

講師 家事塾主宰 辰巳 渚氏

 

会 場  リファレンス博多

時 間  14時〜16時

参加人数 24名

 

内 容  ・多くの方が悩む実家の片付け

  • 片付けのニーズは親子関係・家族関係のニーズ
  • 放置されている家(空き家)の片付けが問題
  • 高齢者の時代に片付けは大変になってきている
  • 同居が少ない現実から問題が大きくなってきた
  • 「実家」という負の遺産
  • 「家」が変わった「大家族」から「核家族」「個人」へ
  • 自分の城(生きた証・コト)からモノへ
  • 「家」=「家族」でなくなっている
  • 晩婚化により「家」の価値は変わってきた
  • ダブルケア(育児と介護同時)
  • 子供を産み、妻として夫と生き、子供の面倒を見て、介護をする女性
  • 女性の家事(家のこと・住まうこと・家族と暮らすこと)学ぶ機会はない。
  • 「家」が個人に帰属する現代社会の問題
  • 戦後70年3つ目の世代(おじいちゃん、おとうさん、私たち)
  • 「住教育」はぞれぞれの家族の知恵(経験)だから集積出来にくい
  • 「自己責任」社会から「共生」社会へ

想い出の中から家族の絆が生まれることもある

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞