/

学ぶ力

「知識は今を生きることは出来るが、
先人の知恵は未来を切り拓くことができる」

と言われます。

家づくりを考える時に
「先人の知恵」=「古民家」を学びコトは必要でないか?と思います。

家を建ててから「20年後」「40年後」どのようになるか?

予測出来なくてはなりません。

よく「10年保証」と言いますが「10年しか保証しない」のは間違いだと思います。
その「10年保証」は
「建てた建築業者」をするのではなく「保険屋さん」がするのです。

私は「俺の目の黒いうちは保証する」そんな粋な職人が大好きです。
そうでないと「長持ちするいい家は創られない」と思います。

地域の「職人さん」に頑張って欲しいですね。
そんな人達に「仕事がいっぱいきて忙しくなる」の時代がいいですね。

「住むコト新聞」ではそんな人の応援が出来ればいいと思っています。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞