/

一億総活躍の時代

昔に比べ元気な高齢者が増えていることを踏まえ
自民党の一億総活躍推進本部は
「希望者には70歳まで働ける場を提供すべきだ」提言しています。
少子高齢化で労働力が先細るなか、
働ける高齢者に社会保障の「支える側」に回ってもらいます。
現在60〜70歳の間で選べる年金受給開始年齢を
「70歳より上の年齢」と提言
開始を遅らせるほど毎回の受給額が増えるしくみにし、
働き続ける意欲を損なわないようにします。
現行制度で企業が従業員を雇い続ける義務を負うのは原則65歳まで。
提言案では70歳までフルに働けるようにします。
そして今回「シルバー人材センターの機能強化」を提言しました。
私はこれからの労働力を「外国人」考えるのではなく
「高齢者」を「経験と人間力」を必要とする仕事に活かしたいと思います。
そこで「古民家簡易鑑定」を
(産経新聞記事)
時代を見たときに「それは必然的な考え方」だと私は思っています。
全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞