/

バランス教育

文部科学省が
平成30年度からの導入を目指している
「道徳の特別の教科」。
国は「特別の教科」にすることで
道徳教育の充実やいじめ防止効果を期待しています。

Yahoo!ニュースの意識調査では特別の教科化に
「賛成」が59.8%で、
「反対」の33.0%を上回っています。

現在は
「教科」ではなく「領域」とされている道徳について
(1)「特別の教科」と位置づける
(2)数値による評価はしないものの文章で評価を記述する
(3)他の教科と同じように
国の検定を受けた教科書を導入する、
の3点が盛り込まれています。

道徳を「特別の教科」に格上げする背景には、
一部の学校で道徳の時間を他の時間に振り分けたり、
学校や教師によって道徳の指導方法や
内容に差がある現状があり、
いじめ防止の効果も期待されています。

正しい道徳を教えるためには、
教える側が優れた道徳を身に付けていることが大事で
教師の方々が道徳心を今以上に磨かなくてはなりません。

教育は、
・知育
・体育
・徳育
の三本柱で成り立っているもの。
何事もバランスが大切です。

道徳は教えるものか?という意見もあります。
道徳教育は、
信条、家庭の事情、経済的問題、宗教などで、
解釈は様々になっています。
「道徳は大事な事」ではありますが
学校の先生だけに任せっぱなしで
子どもに教えるのは少し怖い感じもしますね。

家庭との協調体制・・が何より大事です

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞