/

ESG投資

「使い捨てのプラスチックストロー」が消えつつあります。
それは
環境規制とは別に巨額の「ESG投資」のうねりがあるようです。

「ESG投資」とは
「環境への配慮と持続性」「社会公共性」ある企業に投資をしていく世界の流れです。

東芝は6月、世界最大の面積を持つペロブスカイト太陽電池を開発しました。
従来のシリコン結晶型太陽電池は重く、設置するのに架台が必要でした。
これに対しペロブスカイト型太陽電池は薄く軽いため、ビルの壁にも設置できます。
晴れた日には布団を干すように、ベランダに出して発電することもできるようになります。
発電パネル1ワットあたりの製造コストは約15円を目指していて
シリコン系は約40〜60円ですからその3分の1のコストとなります。

国内の太陽光発電は、太陽光パネルなどの設備調達費用や工事費などがかさみ
これが発電コストを押し上げる要因になっていましたが
ペロブスカイト型は軽く設置も簡単で
こうしたコストを大幅に圧縮できると期待されているのです。
2030年に1キロワット時あたりの発電コストを7円で
1キロワット時あたり約10円の原子力発電のコストを下回ることになります。

時代のスピードは大きく変わっています。
「環境への配慮と持続性」「社会公共性」大事な時代です。

家づくりも
「出来るだけリフォーム長持ちさせる」
出来なきゃ「使えるものは活用して建て替える」
家づくりもそんな風に変わりつつある気がしています。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞