/

「職住近接」

住宅地にシェアオフィスや商業施設を設けられるよう規制を緩和されます。
柔軟な働き方を可能にするまちづくりを進め
日本社会の生産性低下を招いてきた通勤ラッシュなどを和らげます。

用途地域が「住居専用」の場合
原則として住居施設に活用が制限されてきましたが
通常国会に地域再生法改正案を提出、年内施行となります。
住居専用地域のなかにある空き家や廃校となった校舎を活用し
シェアオフィスやサテライトオフィス、小売店などに使えるようになります。

政府が念頭に置くのは高齢化が進む郊外の団地です。
約半数の団地では持ち家率が75%以上を占め
住宅市場としての流動性も低くくなります。
そこにシェアオフィスが出来ることで
団地の再活性化と通勤時間の解消などが見込まれます。
IT(情報技術)の発達によりどこでも仕事ができ時代です。
「働き方改革を進め」やすい環境を作らなきゃいけません。

平成元年での世界時価総額ランキング
上位50社のうち日本企業は32社でしたが
平成30年ではそれが1社になってしまいました。

日本は確実に衰退をしています。

モノづくりの「リアルな時代」が終焉し
世界は「IT」から「AI」へ時代は移り変わっています。
新しい時代に日本は復活できるのか?

私は手間を惜しまない「高級なモノづくり」に
活路があるのではないか?と思っています。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞