/

地域づくり

平成の30年間で廃止されたローカル線はの総延長はおよそ1600km。
新幹線で東京駅から鹿児島中央駅までの距離(1325.9km)よりも長くなります。

よく聞くのは「第三セクター」でした
その成否は何処にあったのでしょうか?

三陸鉄道(岩手県)は、国鉄から引き継ぐ形で1984(昭和59)年に開業。
想定では初年度、約9800万円の赤字になる見込みでしたが
ふたを開けてみれば約2600万円の黒字でした。
国鉄時代より運転本数を多くして利用者を増やし
さらに車掌が乗らないワンマン運転を導入するなどしてコストを削減。
線路を無償で借り、国から1kmあたり3000万円「転換交付金」があり
黒字経営を続けていました。

しかし沿線人口が減り利用者が減少。
2009(平成21)年には「公有民営」の経営に移行しました。
「公有民営」とは、施設の全部または一部を沿線の自治体が保有し
運行事業者に無償で貸し付ける経営方式のことです。
鉄道を維持するための費用の大半が「自治体持ち」です。
いわゆる「税金」です。

鉄道廃止後、その代わりとして走るバス考えられますが
どちらにしても「人口減少」ですから厳しい経営になることは見えています。
人口減少問題は、鉄道会社やバス会社でどうにかできることではありません。

そうした状況を打破するのは
車体をキャラクターで装飾したりして、地域外からの利用者の誘致です。
すなわち「観光」しかその手段はないと思います。
赤字で鉄道・バスが廃止されると、益々地域が不便になって衰退します。

ご案内の通り、古民家ツーリズム推進協議会を立ち上げます。
http://kominka-tourism.org/
「古民家再生協会」が中心となり
「自治体」と「国と省庁」を繋げ「民間企業」が協力します。

地域残された空き家=古民家を交付金などを活用して再生し
シルバー・地域おこし協力隊などの人材育成をして有効な利活用をします。
これからより「社会公共性の高い」ビジネススタイルになります。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞