/

カーボンニュートラル

木材は炭酸同化作用により太陽の光を光合成で吸収し
空気中の二酸化炭素(CO2)を固定します。
それを焼却時バイオマスエネルギーとして利用するとき
再び二酸化炭素として大気中に排出されます。

カーボンニュートラルとは、
光合成を経て固定されたものが
再び大気中に排出されたとしても
二酸化炭素の総量は変わらない、
環境中の炭素循環量に対して中立いう考え方、
【バイオマス燃料などを燃やしても
大気中のCO2の増減に影響を与えない】
1997年の京都議定書で
この考え方は広く利用されるようになりました。

しかし、2013年に開催された
気候変動枠組条約締約国会議COP17のダーバン合意で
このカーボンニュートラルの考え方は変更され
「二酸化炭素の固定化」が推奨されるようになりましたが
日本やその他一部の先進国は
この気候変動枠組条約締約国会議から脱会し、
その実現は遠のいています。

これまではバイオマスを
化石燃料の代わりに利用すれば二酸化炭素の排出を
抑制できるとされましたが木材などを焼却せずに
そのまま利用すること=「長期間固定する」ことが
これからは世界の常識として
「二酸化炭素削減」、
炭素固定(カーボン・フィグゼイション)という考え方です。

私達は「古民家の再築・古材の活用」などの
「持続可能な循環型建築社会の推進」により
未来の子ども達の為に日本の住文化を残し
地方創生のサポートへ
「古民家フォト甲子園」「再築大賞」などの
取り組みを通じて、
二酸化炭素の削減を推進し
素晴らしい地球・美しい日本を残したいと思います。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞