/

幸福論 1

政府は
「雇用や所得など内需を支える
ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はしっかりしている」
「リーマン・ショック級の出来事が起こらない限り消費税は10月に引き上げる」
しかし景気は「悪化」を示しています。

「悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意思によるものである」
フランスの哲学者アランの【幸福論】での言葉です。

この言葉に続いてアランは次のように言っています。

「気分にまかせて生きている人はみんな、悲しみにとらわれる。
否、それだけではすまない。やがていらだち、怒り出す。
本当を言えば、上機嫌など存在しないのだ。
気分というのは、正確に言えば、いつも悪いものなのだ。
だから、幸福とはすべて、意志と自己克服とによるものである」

感情や気分だけで生きていると、悲しみや嫌なことに遭遇したとき
不幸だという思いや怒りの感情に溺れてしまいます。
だから、感情に流されず
「いまは辛いけど明日は明るくなる」と
意志の力で楽観主義に立つこと。幸福を得るにはそれが大事だということです。

これから日本は厳しい状況になると思います。
「いまは大変だが必ず良くなる」と
自己の意志の力で考えることが必要だと『幸福論』は教えてくれています。

「期待を抱くこと、それはつまり幸福であるということなのだ」
という言葉も噛みしめたいものです。
そして幸福とは何か。
どうすれば手に入るのか。アランは次のように説明しています。

「幸福はあのショー・ウィンドーに飾られている品物のように、
人がそれを選んで、お金を払って、持ち帰ることのできるようなものではない」
幸福は、人がそれを自分の手の中に入れなければ幸福ではないのであって、
自分の外に求めるかぎり、何ひとつ幸福の姿をとっているものはないのです。

能動的に市場創造をしていくこと・・・・
【未来の子ども達の為に持続可能な循環型建築社会の市場創造】
それが私の「幸福への道しるべ」です。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞