/

住宅における木材

コンクリートで家の周囲を囲って
床下が見えないようにするのは何故なんでしょうか。
法律でコンクリートの基礎を作らないと行けないからです。

それなら出来るだけ床下の高さを高くして
風通しとメンテナンスができるような
モノにしないといけないと思います。

何かの本で床下の高さは
1mぐらい必要というのも読んだ記憶があります。
ビニールクロスは安価で施工生がいいのでみんな使います。

外国にも壁紙はもちろんありますが、
海外の壁紙は、字の通り紙か布で出来ています。
ビニールの壁紙は室内の湿気を吸う事もありませんし、
壁の中の湿気を排出する事もありません。

ビニー ルクロスは5年から10年もたてば
黄ばんでとても味があるようにはみえません。
土壁や漆喰、木の板などや最近ではケイソ土など
いくらでも壁材としていいものはありますが、
ビニールクロスよりコストがかかるという事で
敬遠されてしまいますが、
イニシャルコストだけでなくランニングコストも考えて
家の耐久性を
25年や30年ではなくてもっと長いスパンで考えれば
ビニールクロスほど使い捨てで
もったいないないモノは無いのです。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞