/

木を腐らせない為に 1

木材は経年変化により耐久性が増していくことはご存知だと思いますが、
その大敵は腐ることと、シロアリなどに食害を受けることです。

木材が腐るのは木材腐朽菌の活動によります。
木材腐朽菌はキノコの仲間です。

木材腐朽菌は菌糸と呼ばれる植物の根のようなものを木材の内部に伸ばし、
木材の主成分である
セルロースやヘミセルロースなどを分解し、栄養として成長していきます。
栄養がなくなると子実体(しじったい)というキノコの形となり胞子を放出します。
木材腐朽菌の繁殖条件は、

・水分:含水率35%以上。20%以下なら腐朽はほとんど始まりません。

・空気:具体的には酸素が必要です。

・温度

上記の3つが必要です。

イドタケ、ナミダダケ、などは24度以下の温度が生育に適しており、
24度〜32度はイチョウタケ、オオウズラタケなど、
32度以上はアラゲカワタケ、キガイガラタケなど
腐朽菌の種類によって生育に適した温度があります。

皆さんも海に木材が浮かんでいるのをご覧になったことがあると思います。
また縄文時代の木製の遺跡が土の中から出てきたのに原型をとどめていたり、
建物の杭として土中に埋めていた松が腐らずに残っていたりします。

土の中は非常に多くの水分を含んでいますがなぜ腐朽しなかったのでしょうか。
これは水分が木材の隅々まで回り、
空気を追い出したから木材が腐らなかったのです。

空気と温度を建物でコントロールすることは難しいので、
建物を腐朽から守るためには水分(湿気)をコントロールすることになります。

(つづきは明日)

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞