/

割り箸文化

日本は「木の文化」を持つ国、
そして、割り箸を生み出した「割り箸の文化」を持つ国です
割り箸を「割る事」は、
祝い事や神事などの「事をはじめる」という意味を持ち、
大事な場面にいつも真新しい割箸が用意されてきました。

現在使われている割り箸は、
明治時代に、吉野で樽材として使っていたスギの端材
を有効に活用することから生まれたものです。

今でも、日本製の割り箸は、
丸太から建築用材などを切り取ったときにできる端材や残材、
間伐材を使ってつくられ、
割り箸をつくる目的で伐採される木はありません。

一方、海外では、
木材価格が非常に安いため、原木をすべて割り箸に加工します。

現在、日本国内では年間200億膳もの割り箸が使われていますが、
実はその97%は海外から輸入されたもの(ほとんどは中国製)です。
そのため、国内の割り箸工場数は平成5年には359工場ありましたが、
年々減少し、平成21年現在では99工場になっています。

03

割り箸の店頭小売価格は元禄箸で、
日本産(国産材使用)が1膳3円程度、中国産は1円程度となっており、
両者の価格差は大きくなっています。
また、中国産はアスペンやシラカバ、竹を原料としたものが多く、
日本国内では、中国と競合しない杉や桧(ヒノキ)の
比較的高級感のある天削(てんそげ)箸や利休箸が主体となっています。

割り箸に限らず、間伐材を有効活用することは、
資金を山に還元し、森林整備を促進することにつながります。

間伐材の積極的な利用は、
山村を活性化し、森林整備を促進するとともに、
地球温暖化防止にもつながるのです。

割り箸は使い捨てのイメージが強く、
もったいないというイメージを持たれています。
割り箸は本来そのまま捨てられるはずの端材や残材、
森林整備で生じた間伐材を有効に活用することから考案された
言わば「アイデア商品」です。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞