/

木のこと

木材の乾燥方法には大きく分けて
「天然乾燥」と「人工乾燥」の種類があります。
「天然乾燥」は
屋外で自然の状態で乾燥させたり、半加工品を屋内で徐々に乾燥させる方法で、
「人工乾燥」は
乾燥室内での機械、装置による強制的な乾燥です。
昨今の住宅は高気密・高断熱化されるケースが多いため
「天然乾燥材」では気密性が損なわれる場合が出てきています。
また
工期短縮や乾燥コスト削減等により「人工乾燥」が主流です。
「天然乾燥」の短所をあげると
・ 乾燥にとても時間がかかる。
・ 調湿に伴う寸法の増減が大きく、寸法安定性が低い。
長所をあげると
・ 乾燥コストはかからない。
・ 色艶や香りを損なうことがない。
一方「人工乾燥」の長所をあげると
・ 到達含水率を設定することができ寸法安定性が高い。
・ 短時間で大量に乾燥材を作ることができる。
短所をあげると
・ 設備・燃料コストが掛かる
・ 色艶や香りが損なわれる。
・ 長期対応住宅にはその素材の劣化がみられ不向きである。
それぞれの長所・短所を考えて「企業理念にあった木材乾燥」を選択すべきです。
もちろん「国産木材」「外国産木材」の違いもあります。
「機械加工」「手刻み加工」の違いもあります。
私は【古民家】(伝統工法住宅)の再生の市場創造から
「古民家の建て替え」でその「伝統資財(古材など)」を活用して
「国産木材」×「天然乾燥材」×「手刻み加工」
と命名して普及に取り組んでいます。
全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞