/

適材適所

家を建てるのには、木材という資源は欠かせないものです。
あたり前のようにあって当然のものと考えますが、
木材のことは知らないままにすませてしまうことも多いようです。
現代になって木材の扱い方も意外と進化しています。
そして知るほどに魅力的な木材の秘密に迫ってみました。

適材適所

「あなたの家には、どんな木を使っていますか?」と問われて、
簡単に答えられる人はどれだけいるでしょうか。

では、「貴社はどんな木を使っていますか?」と建設会社にも聞いてみましょう。

たとえば、「木曽ヒノキです」と明確に答えられる会社は、それほど多くはないでしょう。
それだけでもしっかりとしたコンセプトを持ち、住まい作りに取り組んでいる会社といえます。

適材適所とは、建物の中で使用する条件に合わせて、適切な木材を選ぶことですが、
逆に材の使い方を見れば、その会社の木材に対する考え方も見えてくるのです。

大手住宅メーカーの考える適材は、お客様の好みや住宅での使い方ではなく、
安定した供給やコストです。世界でもっとも大量に流通し、コストが安い木材を選んでいます。
一般的にホワイトウッドとか、レッドウッドと呼ばれる材です。
もちろんコストを低減することが、
建て主の利益につながるのであれば大切な適材のあり方と言えます。
しかし残念ながら比較的安価な材を使っても、大手メーカーの住宅はなぜか安くないものです。

 

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞