/

木造住宅の話 5

家を建てるのには、木材という資源は欠かせないものです。
あたり前のようにあって当然のものと考えますが、
木材のことは知らないままにすませてしまうことも多いようです。
現代になって木材の扱い方も意外と進化しています。
そして知るほどに魅力的な木材の秘密に迫ってみました。

構造材としての木

木材は1棟の住宅にどれくらい使われているものでしょうか。
日本木造住宅産業協会の約4万棟のデータによると、
平均約39坪の建物で使用されている木材量は23.7m3とあります。

最近では床の下地材としての面材も厚い材を使い傾向にあり、
この中で構造材の割合は7割ほどになります。
柱や梁の間に壁を作るための下地となる羽柄材と呼ばれる材は構造材ではありません。
フローリングや仕上げ材などの木材はここに含まれていません。

また、それぞれの部位に使われている国産材の割合も図中に表してみました。
図表2

柱や土台などではおおよそ半数に国産材が使われています。

このように家の強度と耐朽性に大きく関わる構造材として木材は使われていますが、
欠点はバラツキがあることです。
木材は工業製品とは違い、自然の中で育ってきたもので、
環境によって条件も違う上に、個性もあります。1本1本の木目が違うように、
強度にもバラツキがあります。
そのために木材は日本農林規格(JAS)によって強度が等級区分されています。

(おうちのはなし より)

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞