/

ウッドデッキ

工務店さんにウッドデッキを頼むと「外材の方がいい」と言います。本当でしょうか?

木材はその風合いはいいですが「必ず腐ります」
それがいやなら「プラスティク」(これも朽ちますが)ですね

基本的に「木は水に弱く腐食する」ので「塗装等で保護する」のが大事だと思います。
「杉」をお勧めします。

「杉は腐りやすい・・・」とよく言いますが
それは、辺材といって、木の樹皮側の新しい組織の部分(白いところ)です。
中心部分の赤身と呼ばれる部位は水にも強く腐り難く、防虫効果にも優れています。

ちなみに辺材は環境負担の比較的少ない内装材で使用されます。
杉は温かみもあり、弾力性、適度なやわらかさもある事から、心地よさは格別です。
他の樹種と比較し、加工のし易さもあり、DIYでも出来る材料です。

国産材は外材とは異なり、日本の四季の中で育っていますから日本の気候に100%対応しています。

反面、外材はメンテナンスをしないことを前提に建築屋さんは言います。
ウッドデッキといいますと、レッドシーダー、ウリン、などですが
それぞれの自国の気候に適した材料ですから思ったより長持ちしないと思います
最近はウリンが流行で、アイアンウッドと呼ばれる程、重厚で強く耐久性のある材料です。
公共事業などにも多く利用され、横浜の大桟橋もウリンが使われています。
地中や水中でも不朽と言われますが、まだ歴史がないのでそれは解りません。

もちろん木には個体差というものがありますので一概には言えませんが、
日本の気候にあった材料の方がいいですね。

昔から外壁にも多く活用されていた「杉の赤身」いいと思います。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞