/

木の乾燥

どのように乾燥させるのでしょうか。

単純に考えても、木材を乾燥させるためには、
温度を上げるためのエネルギーと相応の時間をかける必要があります。
また乾燥には、天然乾燥と人工乾燥をはじめとして、いくつかの方法があります。

天然乾燥では、乾燥させる前に木場などで水に浸け、
樹脂分を水に置きかえてから乾燥させます。
20%以下に乾燥させるためには少なくとも一年以上の時間がかかります。

人工乾燥であればもっと早く乾燥できます。
温度によって100度以上に温める高温乾燥、
50度以下の低温乾燥、その中間の中温乾燥があり、
蒸気式と除湿式、減圧式などがあります。
当然、それだけの設備も必要とし、木材を乾燥させるにはコストがかかります。

また、柱材よりも梁材の方が大きな断面を必要とするので、
乾燥はより難しくなります。

木材には節の状況や強度など、
さまざまな等級があって価格が違います。
実は含水率によっても大きく価格が違います。

 

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞