/

古材

「無垢の木の定義」ってわかりますか?

ショールームに行くと
「集成材※」まで「無垢です」と言う場合が有ります。

・科学物質を使っていないこと
(集成材や注入材は無垢でなくなります)

・吸放出性能が高いこと
(強制乾燥材は無垢ではなくなります)

・若干の割れや反りがあることがある
(メンテナンスで問題なし)

定義から言うと
「集成材や強制乾燥材で建築された家は無垢で建てたとは言えない」
ということになります。

「無垢」は吸放出性能がありますから除湿機能があり
「夏涼しい家 」となります。

また
長持ちという観点からいうと
自然乾燥材は切られてから強度を増していきますが
集成材、強制乾燥材は劣化していきます。

今、
「強制乾燥材で建てるケースが多いので気を付けてください。
多くの建築関係の方が上記の事実を知らずに
「無垢で建てる」といいながら
自然乾燥材を使わないケースが多く有るようです。

「無垢」は将来古材として活用出来ることになります。
再活用出来るし、
炭素固定に繋がりもちろん環境にもいいです。

これが
家が長持ちする秘訣だと思います。

※集成材=断面寸法の小さい木材(板材)を
接着 剤で再構成して作られる木質材料である

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞