/

木材の使い方

木材が理想の建築材料であることはわかりますが、
人間はこの木材の使い方に関する技術開発もしてきました。

単純なムクの木材として、正角や平角の柱梁や、
板材として利用するだけではなく、
合板やエンジニアリングウッドとして木材を加工して、新しい建材を生み出しているのです。

でも、やっぱりムクの木の方が良いというイメージがなんとなく残っていませんか。
木材という自然が生み出した材料の価値を知るほど、
人工的なものよりも、自然に近いものの方が良いと思ってしまうものです。
なぜかコンクリートや鉄とは、逆の印象です。

しかし、たとえばムク材が良いか、それとも集成材が良いかと考える前に、
知っておかなければならない、より木材の長所を引き出すためのポイントがあります。
木材の利点を生かして使うためのものだと知れば、
単純な良し悪しの比較には意味がありません。

その大切なポイントとは、乾燥です。

(おうちのはなし より)

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞