/

CLT推進から考える

日本はCLTを推進しています。

わかりやすく言うと
「木をそのままでなく集成木材・パネルで使う」
ということです。
それで強度は数段上がります。
(糊の健康問題・どれだけ長持ちするか?はまた別問題)
私は
「木は製材して素材としてそのまま使って欲しい」
と思います。
魚でいうと
「擂り身にして食べりゃいいじゃん」と同じことで
できれば「新鮮なまぐろは擂り身にしなくても」
きっと「林業儲からなくなる」と思います。
良い材を高く売る努力から
大量生産・大量消費に向かいますから「価格は下がり」ます。
「食育」があるように
「住育」で消費者の意識を高めていきたいですね。
明日から10月「住生活月間」です。
全国16会場で
「国土交通省後援事業=住教育セミナー」が開催されます。
全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞