/

高齢者の時代へ

厚生労働省は意欲のある高齢者が働きやすいように
定年退職の年齢引き上げを積極的に企業に促しています。
定年を70歳以上に引き上げないと助成金を出さない制度を改め、
4月から支給基準を「66歳以上」に広げて使いやすくして
65歳以上の社員を雇う企業が40〜50代の中高年の転職を受け入れた場合、
1人あたり40万円を出す助成金制度もつくります。

定年を引き上げた企業は
就業規則の変更など制度の導入にかかる経費として100万円をもらえます。
定年を迎えた正社員が非正規社員として働ける
継続雇用制度を導入した場合も助成します

70歳以上まで働ける企業は全体の2割にとどまっていますが
一方
希望者全員が65歳以上まで働ける企業は7割を超えます

「高齢者が活躍できる時代へ」

「住生活基本計画」

「一億総活躍推進施策」

「人生100年を想定したライフデザイン」

人口が1億人を切り、高齢者が3分の1になる時代・・・
大きく日本は変わります。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞