井上幸一のみんなで学ぶ「住コトNEWS」

/

日本の文化「銭湯」

「サウナー」(サウナ愛好家)が増えているそうです。

週1回以上サウナに入る「ヘビーサウナー」は358万人
月1回以上サウナに入る「ミドルサウナー」はは1042万人もいると言います。

「サウナ」が盛り上る一方で「銭湯」は絶滅寸前です。
全国の銭湯は右肩下がりで減少の一途で
平成に入ってからは3分の1になり銭湯という日本文化消滅の危機にあります。

風呂付き住戸が増えて銭湯の減少進みましたが
自宅では味わえない「サウナ・薬湯」の人気は衰えません。
しかし銭湯は
「サウナ・薬湯」共2〜3人入ればいっぱいという小さな規模が多く
「風呂のオマケ」という位置付けです。
少し視点を変えれば銭湯も人気がでそうです。
銭湯業界が今力を入れているインバウンドで
サウナは腰にタオルを巻いて入ってもいいので
全裸で湯船につかれない外国人でも
日本のパブリックバスを気兼ねなく楽しむことができると言います。

2〜5回程度の訪日リピーターは「銭湯・温泉に行く」と回答したのは17.7%
訪日6回以上のリピーターは「銭湯・温泉に行く」と答えたのが67.5%だそうです。
日本のファンになればなるほど、「日本の風呂」への関心が強くなっていくのです。

「ヒートショック」問題も言われるサウナですが
フィンランドでは、サウナに定期的に入ると心臓が強くなって
心筋梗塞などの死亡率が下がるという調査やボケ防止になると言われています。
外国人向けに「日本の文化をテレビで流したり」
高齢者交流に「ジムを併設したり」
少し知恵を出せれば新しい日本の銭湯文化の発信が出来るかもしれません。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞