/

着物の世界の尺貫法は鯨尺(くじらじゃく)が用いられます。
元来定規がクジラのひげでつくられたことが由来というが定かではない。

鯨尺1尺は大工さんが使う曲尺 (かねじゃく) の
1尺2寸5分に相当し、37.88cm。
計量法により,1959年以降は,鯨尺の製造,使用は禁止されていたが、
1977年に製造ならびに販売が認められることになった。
日本人の体型にあったまた反物を無駄なく使える
物差しということなんでしょうね。

建築の世界も尺貫法が生きてます。
四国間、京間などの寸法もそうですし、天井の高さや建具の高さ、
建設資材も尺貫法を元に作られていますから
家などの場合はすごくロスが出てしまいます。
襖の高さなどは時代と共に高くなってきていますが
これは日本人の身長が伸びてきたからなんでしょうね。
変化しながらも伝統を守る、
なぜなら伝統は長い時間の中で人に合う、
人が快適に使えるために生み出されたものだからだと思います。

曲尺1尺2寸5分→鯨尺1尺→37.88cm。
曲尺の一尺は鯨尺の八寸になります。

曲尺と鯨尺で何故長さが違うのか。
これは室町時代 世の中が裕福になるにつれて、
将軍家や公家の身につける衣類が布をたっぶり使ったものになり、
このため和裁で使用する鯨尺の尺が曲尺より長くなったという説があるようです。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞