/

コロナで変わっていく環境

コロナ、
私たちの社会を取り巻く空気は一気に変わりました。
そして、実際に私たちが「呼吸する空気」も大きく変わっています。

スペイン
政府が警報状態を発表してから1週間で
マドリードとバルセロナでの道路交通が
約60%削減され汚染レベルも急落しました。
大気汚染の原因となる二酸化窒素の平均値は、
世界保健機関及び欧州連合によって
設定された制限の40%に達しました。

アメリカ
3月のロサンゼルスは
この25年でもっとも長く澄んだ空気が続いたそうです。
カリフォルニア大学ロサンゼルス校の公衆衛生の専門家によれば
心血管や呼吸器系の疾患の発生との関連性が指摘されてきた
PM 2.5の濃度が40%減少しました。

中国
衛星で観測した二酸化硫黄の濃度は
去年の旧正月の4週間と比べて、35%減少していました。
中国の二酸化硫黄の排出源は主に
石炭を燃やす工場や発電所、石油を燃やす交通や工業によります。
このような産業は、感染症対策により大きな影響を受けていました。
営業が規制され、従業員が休暇から戻れない、
需要が低下したなどの理由によって
多くの工場は閉鎖またはキャパシティを下げて営業していました。

インド
インドでは新型コロナウイルス対策のため工場が閉鎖され、
道路から車が消え、空の便も運航を停止しました。
そのため、ここ数週間で大気汚染が劇的に改善していました。
インド北部のパンジャブ州で
200キロ近く離れたヒマラヤ山脈が
数十年ぶりに見晴らせるようになり市民を感嘆させました。
デリーでは
規制が始まった初日に
微小粒子状物質「PM10」が最大で44%減少しました。

全世界で毎年420万人もの人が
大気汚染によって命を落としていました。
大気汚染は
「ウイルスにも悪影響を及ぼすはず」です。
PM2.5は体の奥深くまで侵入して
高血圧、心臓病、呼吸器障害、糖尿病を悪化させるリスクがあります。
こうした症状を抱えている場合
免疫系を弱体化させたり、肺や気道の炎症を引き起こしたりして
感染や重症化のリスクが高まります。

感染症の危機が去った時に
「今までの当たり前を変えていく」勇気を持たなきゃなりません。

業界でもそうなんだと思っています。
【持続可能な循環型建築社会の市場創造】へ

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞