/

本当のコトを伝えたい

熊本地震発生を受け、
応急危険度判定士として現地で被災した建築物の調査に当たった
静岡県が被害状況を報告しています。

「損壊した建物の多くは旧耐震基準だった耐震化が住民の命を守ることを再認識した」

と説明して新耐震基準に沿った建物の補強や建て替えの必要性を訴えています。
但し、新しい建物にも倒壊は見られたそうです。

 ↑

多くは・・・とか、但し・・・とか、正確でない情報が実しやかに広まります。

私は経験から消費者視点でシンプルに以下のように考えます(建築は素人ですが)

・戦後建てられた木造住宅で新耐震基準を満たしていないと弱い
・定期的なメンテナンスをしていない建物は弱い
・バランスの悪い建物は弱い
・1Fに柱が少ない建物は弱い
・伝統工法に在来工法でリフォームした建物は弱い

yjimage-2

対策として

・在来工法は「新耐震基準」に基づき確認する
・伝統工法は「再築基準」に基づき確認する
・年に一度の床下診断を実施する

yjimage-1

これで木造住宅は安全になります。

9f9d1c897fe5747787cc387b11ce6f20

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞