/

日本の床下

シロアリは日本に22種類生息しており、
北海道北部以外の全国に生息しているヤマトシロアリと、
温暖な地域に生息するイエシロアリが有名ですが、
それ以外にも
ダイコクシロアリ、アメリカカンザイシロアリの
4種類が建物に被害を与えます。
ヤマトシロアリは6度前後から活動を始め、
12度から30度が最も活発に活動をします。
外気温がマイナスになる北海道でも木材の内部に入ることで死にません。
巣を作らずに移動を行いながら生活しています。

ヤマトシロアリの行動範囲は約10m程度と言われます。
イエシロアリは建物の下や土の中に大きな巣を作り、
乾燥した木材に水を運んで湿らせながら食害をしていきます。
このため小屋裏まで食害が広がり建物に甚大な被害を与えます。
行動範囲は100mにも及びます。

シロアリのお気に入りの場所は暗くて湿った部分で、
木材のセルロールなどを分解して餌としています。
床下以外にも建物の周りに放置された倒木や木片、
押入れの新聞紙などにも食害を受けます。
シロアリに食べられにくい木材としては、ヒバ、カヤ、紫檀など、ヒノキやスギ、ツガ、カラマツ、クス、ケヤキなどが中程度で、エゾマツ、アカマツ、クロマツ、ベイマツ、ベイツガなどは食害を受けやすい種類です。
シロアリの侵入経路は庭の樹木などから地中を伝って床下から侵入してきます。光を嫌う性格なので蟻道とを作りコンクリートの基礎などを上がってきます。
またコンクリート自身は食害しませんが
強力な顎の力で噛み砕いてトンネルを掘ることもできます。
同じように金属なども穴を開けてしまいます。

床下から上がってきたシロアリは床下木材だけでなく畳なども食害し、
イエシロアリなどは柱を伝い小屋組までボロボロにしてしまいます。
シロアリの発見は羽アリを見つけることで被害にあっていることを知ることが多いのですが、
羽アリは分巣のために出てくるものであり
羽アリが出てきた場合には食害が進んでいる場合が多いです。

シロアリの発生場所は腐朽と同じであり、
腐朽がない場合にはシロアリが発生しにくいですので、
建物の湿気対策こそがシロアリ予防になります。
シロアリの駆除は食害を受けている部分の木部にドリルで穴を開けて薬剤などを注入しますが、イエシロアリの場合には床下か、庭の土中に巣があるのでその巣ごと駆除する必要があります。
ただイエシロアリの巣は100m先の隣の庭にあるかもしれないので
巣を見つけることは専門家でも非常に難しいようです。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞