/

日本の基準

【4S ☆☆☆☆】は日本の安全基準で
この基準を満たしていれば「人体に影響は少なく安全である」と言えます。

昨日お話させて頂いたように
「中国で生産された新建材(以下無垢という)は安全」とはいいきれません。
しかし
無垢の床材の多くは「中国産」という現実が有ります。
ではどうしてるのか?

中国から輸出時に「ホルムアルデヒド等の吸着剤」を塗ります。
これで「ホルムアルデヒド」等の有害なものを封じ込めます。
これで安全になるのです。

では「この吸着剤の効果がある期間は永久なのか?」ですが
メーカーの資料をみると「3年から5年がその効果のある期間」であると書かれてます。
(商品のよってその差はあります)

つまり「3年から5年経つと中国と同じ状況になる可能性が有る」ということです。

中国を輸出されるときに「吸着剤」が塗られますから、輸入の検査は基準を下回ります。
また
建築されるの多くに建物は3年以内にその中国産の無垢を使用しますから
検査をしてもホルムアルデヒド等は検出されません。
ホルムアルデヒドが検出される期間は2年から3年程度と考えられていますから
3年吸着すれば程大丈夫だろうとの考え方です。
しかし「100%検出されなくなっているか?」と言えば答えはNOです。
ではそこに居住する人はどうなるのか?危ない気がします。

今は「24時間換気を義務づけている」理由がわかります。
安全ならそれを義務づける必要性はありません。

「なぜ24時間(365日)連続運転しなければならないの?」には(日本住環境)

のホームページには

特に、冷暖房期や就寝中は窓を閉めて生活することが多いので
ホルムアルデヒドなどのVOCの木那覇濃度も高くなる傾向に有ります。
ですから、24時間連続運転する換気が必要になるわけです。

と書かれています。

「省エネの視点」から【高気密高断熱住宅】は流行ります。
床材・壁材等は「日本の木材」を使えば安全で安心です。

それと同じことを【食育】では教えてくれます。
これから【住育】が大事な意義がご理解頂けると思います。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞