/

古民家の歴史

日本の住宅の歴史は、はるか縄文時代にさかのぼる竪穴式住居となります。

竪穴式住居とは地面を円形や方形に掘り、その中心に柱を建て、

梁や垂木をつなぎあわせ家の骨組みを作り

土や葦などの植物で屋根を葺いた建物で規模の大きなものは室町時代まで利用
されました。

屋根をいう漢字を見ると本来地面と由来のある根という字が使われています。

古来日本の住まいに壁という概念がなかったためと推測できます。
鎌倉時代以降は掘立柱建物(高床式建築と平屋建物に大別される)といわれる

柱を地面に埋めて建物をつくる工法が長く庶民の住宅で用いられており、

17世紀後半以降に石の上に柱を建てる礎石建物、伝統構法が建てられるよう
になりました。

石の上に柱を建てる礎石建物自体は中国や朝鮮半島より古く日本に伝わってい
ましたが、

限られた建物でしか用いられませんでした。

その理由の一つは、自然災害の多い日本の気候風土では

地面に掘った穴に柱を埋めて固定する掘立柱建築は、伝統構法の柔構造ではな
く剛構造で、

柱の太さに関係なくある程度地震や台風に耐えることが可能で、

建築費も安くしかも技術的にも簡単だったので庶民の住宅に採用されてきまし
た。

加えて日本人の国民性でもある保守的な考え方を持つ人が多い為

弥生時代以降ずっと採用されていた方法を変えようとはしなかったと推測され
ています。

ただ寺院などの公共的な建物は大陸からの最新技術である

石の上に柱を建てる礎石建物を採用し華やかな建築を残しています。

地面に柱を埋めた構造は埋められた部分は早く腐り柱の交換が必要ですが、

交換しながらその工法を長期間維持できたのは豊富な森林資源があったためで
す。

中世以降は総柱型建物と言われる建物が主流になります。

これは母屋(もや)という屋根を支える天井より上の構造の空間と、

屋外空間の庇(ひさし)を持ち、

内部空間は碁盤の目のように柱の間隔が2m~2.4m前後で統一された建物
です。

やがて柱と柱の間に間仕切り壁が設けられ、部屋として細分化され現在の住宅
へと変化してきました。

鎌倉時代の総柱型建物は石の上に柱を建てた礎石建物と掘立柱建物の両方が建
てられており、

礎石建物は格式高い武家屋敷(ぶけやしき)、庶民は掘立柱建物と区別されて
いました。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞