/

新民家って・・。

ヤマダ電機の新業態「家電住まいる館」

3期連続で減収で家電の売り上げが苦戦する中
少子高齢化や人口減少で家電の販売だけでは生き残れなくなるという
危機感から早々に住宅関連へ舵を切った
ヤマダの「家電と一緒に快適な住空間を作る」
本格的に住宅業界参入です。

新築住宅やリフォーム、不動産コーナーがあり
家電はもちろん
ソファやベッドなどの家具、食器やフライパンなどのキッチン用品も販売しています。
インテリアや新築を盛り込み、家を丸ごと提案します。
「家電住まいる館は」18年3月末までに20店体制になります。

2011年に住宅メーカーのエス・バイ・エル。
2012年に住宅設備機器会社の日立ハウステックを買収。
2013年には坪20万円台の低価格住宅の会社ヤマダウッドハウスを展開。
試行錯誤しながらの新業態です。

私は「比較的低価格層で一定の成功」はあると思います。

私は「高級路線で成功を収めたい」と思って「新民家推進」をしています。

1、古民家の建て替えを「古民家解体無料」で見込み客をつくります。
2、この事業は「地域住宅型グリーン推進事業」(補助金150万円)です。
3、建て替えですから住宅にしっかりお金が掛けられます。
4、古民家所有者は「ある程度お金のある方が多い」と思われます。

「古民家再生協会 × 住教育推進機構」でサポートします。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞