/

空き家対策

空き家は1000万棟(室)を超えたようです。
現在も多くのマンションが建ち続けていますが
2032年には3棟に1棟が空き家となるといわれるなか
その大きな原因は空室のマンション。
益々、空き家マンションは地方を中心に広がりそうです。

一時期流行った空き土地等を活用したレオパレス。
30年間一括借上システムと謳うも、
固定期間は2年間で
「その後経済事業や近隣相場、賃貸需要の変動で協議」とあります。
http://www.leopalace21.jp/lp/tochikatsu/?utm_source=google&utm_medium=cpc
恐ろしいですよね。

戸建てを考えてみても総務省発表では
日本にある木造建築の数は1326万棟あります。
そのうち「古民家」は280万棟と言われています。
実に木造建築の1/5が古民家です。(平成25年データ)

総住宅数6063万棟
空き家820万棟
空き家率13.5%(総住宅数に占める空き家の割合)
ということがわかります。
単純計算ですが
この13.5%を古民家の数280万棟に掛けると
378,000棟が古民家の空き家ということになります。
新築で空き家ということはすくないでしょうから
実際はもう少し多いと考えられます。

この空き家活用で難しい問題が
1、仏壇問題
2、見ず知らずの人に貸したくない問題
3、親戚等の手前売れない問題
4、持ち主がわからない問題
5、ボロすぎて住めない問題

5は解体なんだと思いますが
1-4を解消しなきゃ「いい古民家の流通は難しい」ですね。

地方創生へ「古民家活用」はやらなきゃいけません。
全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞