/

古いお家

「サツキとメイの家」
映画「となりのトトロ」の舞台となった草壁家です。
古びていて「お化け屋敷」と言われるような家です
しかし掃除して、空気を入れ換えていれば
「サツキとメイの家」のような土壁の木造建築は100年は持ちます
その「サツキとメイの家」は2020年以降建てられなります。

なぜ、「サツキとメイの家」のような、
伝統的な木造建築が2020年以降建てられなくなるのか?
それは、2020年に改定される建築基準法が要因です。

国土交通省・経済産業省・環境省が合同で設置する
「低炭素社会に向けた住まいと住まい方推進会議」は
、2020年までにすべての新築住宅・建築物を対象に
省エネルギー基準への適合を義務付ける方針を打ち出しています。

端的にいうと、2020年以降に新築住宅・建築物については、
一定基準の断熱性能を保持していなければ、建築してはいけないというのです。
基準としている断熱性能をクリアしようとすれば、
外部建具はアルミまたは樹脂サッシになり、ペアガラス(複層ガラス)を使い、
壁材には樹脂など熱伝導率が低い素材を使う必要があります。
もちろん、断熱材は必須です。

こうした断熱性能を適用すると、
「サツキとメイの家」のように、開口部が大きくて、
木製建具を用いた家は、エネルギーロスが大きいとされてしまい、
基準を満たすことは、到底不可能です。
断熱性能を高めようと思ったら、極端なことを言うと、窓の面積を小さくするのが一番です。
そう考えると、広くて開放感がある縁側があるような家も、当然性能を満たすのは不可能です。

日本伝統の木造建築は、夏は蒸し暑く、冬は寒い日本独特の気候に対応するために、
長い年月をかけて最適化されてきました。
しかし、ハウスメーカーが台頭し、都心ではマンションが乱立し、
伝統的な木造建築を建てられる大工は少なくなりつつあります。

今回の建築基準法が適用されれば、伝統的な木造建築を建てようとする大工は減り、
木造建築を建てるための技術もなくなってしまうことが予想されます。

家をどう住むか、どんな家を建てるのかというのは、「生き方」の問題です。
寒い家に住む、狭い家に住む、人里離れた家に住む、など・・・
どんな家に住むかは、はからずもその人の生き方を示しています。
しかし、2020年以降この建築基準法が適用されたら、
今後新しく家を建てる時の選択肢は、ほとんどないに等しいのです。
気密性が高い家に住んだ子供が、身体を壊したという話もよく聞きます。
子どもや将来大人になっていく人々について、本当に考えられた法律なのか?

私たちで・・・本気で考えてみたいと・・・思っています。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞