/

建物査定

公益財団法人不動産流通近代センターは
戸建て住宅の価格査定マニュアルの改訂を
進めています。

今後、システムや査定書、説明ツールなどを整備し、
7月に改訂版を提供する予定だそうです。

基礎・躯体と内外装・設備を分けて部位別に評価し、
性能にあわせて耐用年数を設定するとともに、
管理の状態やインスペクション結果などを
価格に反映できるようにします。

具体的には、基礎・躯体の減価方法を見直し、
建物の劣化対策の状況に応じて
5段階の耐用年数を設定します。
通常30年のところ、
長期優良住宅は100年、
劣化対策等級2相当で50年として。
建物検査や維持管理の有無で
減価の速度を調整します。

内外装や設備については、
リフォームが行われている場合は、
その分経過年数を短縮して評価します。
全面的に交換されている場合は、
経過年数をゼロに近づける。
最終的には、
宅建業者の経験と市場の状況を加味して
総合的に評価します。

マニュアルの改訂にあわせて、
普及に向けた取り組みも実施して
システムが利用しやすいように
画面や用語を平易にするとともに、
ウェブでのサービス提供も開始します。
1件ずつの査定でも利用しやすくなるようです。

時代は「30年で0円」の時代は終わりましたね。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞