/

15年ぶりに変わります

厚生労働省は
シックハウス症候群など三つの化学物質について
新たに室内濃度の指針値を定めました。
シックハウスが社会問題化した2000年前後に
ホルムアルデヒド、トルエンなど13物質について定めましたが
新たに指針値が設定されたのは
・水性塗料の溶剤に使われている「テキサノール」
・接着剤や塗料に含まれる「2-エチル-1-ヘキサノール」
新たな物質の追加は15年ぶりです。
同時に
キシレンの濃度は従来の4分の1
エチルベンゼンは66分の1 など4物質については
指針値を改定し規制を強化します。
化学物質を規制すれば
別の化学物質が使われ、新たなシックハウスを起こし
この「いたちごっこ」になっていると思います。
・自然素材を当たり前に使う
・造り手は素材を慎重に選別する
・住まい手も「自己責任で監督する」
この3つを常識の時代にしなきゃなりません。
全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞