井上幸一のみんなで学ぶ「住コトNEWS」

/

庭に関して

庭には植栽(しょくさい)が植えられますが、
その目的は鑑賞以外に
日射の遮蔽、防風、燃料としての
薪の利用や果実などの食用などの目的があり、
各地域気候風土にあったものが植えられています。

 

植栽の目的

1,観賞用 松、桜

2,防風林 高木、中木、低木が面となるように植えられる

3,資源として 家具や建材としての利用。薪などの燃料材として

4,食用 桃、柿、栗、柑橘系樹木など
庭によく植えられる植栽については、
冬に葉が落葉しない常緑樹(じょうりょくじゅ)と
冬場葉をつけない落葉樹(らくようじゅ)があり、
葉の形態により葉が針状の針葉樹と葉が平たい広葉樹があります。

 

植栽については地域性が強いため
ここでは一般的とされるものを紹介します。
高木(喬木(きょうぼく))として樹高が3m以上になる
植栽の上層空間を占めるものとして、
松、杉、イヌマキ、檜、モッコク、ヤマモモ、イチョウ、ケヤキ、桜などが植えられ、
根元から複数の幹が伸びる「株立ち(3本以上多幹になったものを武者立ちという)」と
1本の幹が伸びる「一本立ち」、2本の幹が立ち上がる「双幹」があります。

 

中木として樹高が2m前後のもので高木の前や間に用いるものとして、
ヒバ、イヌツゲ、ウバメガシ、サザンカ、椿、ヒイラギなどがあります。

 

低木は樹高1m以下のもので潅木(かんぼく)ともいいます。
樹幹と枝の区別が明確でないものが多く、ツツジ、シャクナゲ、キャラボク、ナンテンなど。

 

下草類としては常緑多年草のツワブキ、ユキノシタ、リュウノヒゲ、
夏緑多年草(かりょくたねんそう)のアヤメ、フキュジュソウ、ユリ、リンドウなど。
シダ類としてゼンマイ、トクサ、イワヒバなどが用いられます。
苔もよく用いられ、オオスギゴケ、コスギゴケ、クラマゴケなど。

芝は高麗芝やノシバが日本の気候風土にはあっており、
手入れも簡単な部類なのでよく用いられます。
高麗芝やノシバは冬枯れる(夏緑性)芝です。

 

富山県砺波市に残る「アズマダチ」と呼ばれる散居村の古民家では
垣饒(カイニョ)と呼ばれる屋敷林が植えられています。
木の種類として、高木は杉、ケヤキ、エノキなどで
高いものは30m程度の高さに育っています。

 

中木としてミズキやヒメサカキ、
低木としてキャラボクやウメモドキなどが防風、防雪の目的で
地域で共通性を持たせた方向で植えられています。

 

屋敷林として有名なものには他に、仙台の「居久根(いぐね)」、
出雲平野の「築地松(ついじまつ)」などがあります。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞