/

住教育の必要性

日本27年。アメリカ103年。イギリス141年。
この数字は住宅の平均寿命です。
日本の住宅はイギリスの住宅に比べ5分の1年しか住めないことになります。
家の寿命が27年ということは、
30歳で家を持ったとして住宅ローンの終わる定年前には、
もう一度建て替えなければならいないということです。
うそのような本当の話です。
現実に退職金をリフォームや立て直しに使わなければ住めないような家が
今の日本には氾濫しているのです。

なぜ日本の住宅はこんなにも短命になってしまったのでしょう?
地震大国でありながら、
数々の歴史的建造物を残してきた日本の伝統建築技術。
この誇るべき建築技術の衰退を招いた原因としては、
いくつかの理由があげられます。

1950年の建築基準法で
「伝統構法」から「在来工法」への変更
ハウスメーカーによる過剰ともいえる採算性の追求。
プレカットの導入等による安くて早い家の量産。
そのニーズに応えるべく誕生した安価な新建材の氾濫・・・。
日本の家屋が短命になった原因には、
「安く・早く」の家造りが生んだ品質低下の悪循環があります。

しかし、私は「もっと大城は問題」を感じています
それは
「オーナーさんの家作りへのこだわりの低下」
情報が簡単に手に入る時代ですから造り手はは本当によく家の事を知っています。
しっかりとした価値基準(信念)を持っている造り手は少ない。
安くするための知識は豊富でも、

家造りにおいて何をいちばん重要とするのか?
どんな家に住みたいのか?
絶対に譲れないこだわりは何か?

基本的な一番大事な部分が抜けてしまっています。
家は一生の買い物です。本気で悩んで、検討して、
こだわりを持つ事で、必要なもの、いらないものもはっきりと見えてきます。
いらないものにお金をかける必要はありません。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞