/

2020年には

「となりのトトロ」の舞台となった草壁家。
この「サツキとメイの家」のような
伝統的な木造建築の工法を使った家は
2020年には新築としては建てられなくなります。
satuki1

国はエネルギー基準への適合を義務付けます。
一定基準の断熱性能を保持していなければなりません。
その基準としている断熱性能をクリアしようとすれば、
外部建具はアルミまたは樹脂サッシになり、
ペアガラスを使い、壁材には熱伝導率が低い素材を使う必要があります。

開口部が大きくて、木製建具を用いた家は、エネルギーロスが大きく
断熱性能を高めようと思ったら、窓の面積を小さくするのが一番です。
開放感がある縁側があるような家は当然性能を満たすのは不可能です。

なぜ、このような法律が適用されたのか?

東日本大震災をききかけに
耐震性能だけでなくエネルギー効率を高めようという動きが産業全体で起きました。
今振り返れば住宅のあり方を
「原発事故をチャンスと捉え(※)ハウスメーカーが決めてしまった」気がしています。

本伝統の木造建築は、
夏は蒸し暑く、冬は寒い日本独特の気候に対応するために1300年掛けて進化しました。

幾たびの「震災」を乗り越えて先人の知恵で進化してきたのです。
しかし今、この震災を利用して(※)「古民家は危ない」と発信されています
96958A9F889DEBEBEAE5E1E2E4E2E0E2E2E6E0E2E3E4E2E2E2E2E2E2-DSXZZO9987308020042016000000-PN1-13

「消費者に一方的な意見でなく
正確に情報発信して選択して頂ける時代を築きたい」と思います。

縁側のある家は建てられない・・・・
そして
古民家は耐震性がないので壊さなくてはならない・・・・

そんな怖い時代が来ないようにしなきゃなりません!!

※表現はあまりよくないですがお許しください。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞