井上幸一のみんなで学ぶ「住コトNEWS」

/

歴史の魅力

アメリカは建国からおよそ240年。

建国当時から経っている家でも築200年ほどです。

もちろん開拓時代の家も残されていますが、

移民である西欧の住宅様式が残されています。

たとえば木材をログハウスのように壁に組むのは

ドイツの古民家の様式といわれます。

その後ヨーロッパの古民家へと移り、次第に東へ東へと進むと、

少しずつ東洋的な家になります。

これらの事例の多くは木造住宅です。

日本と西洋の文化を比較する時に、

木と石の文化の違いとして語られることが多いと思います。

実際にフランスの住宅会社では「石造り」が

売り込みの大事なキーワードになっています。

確かに石造りの家も多いのですが、

床や屋根を張る時には木材を使わないわけにはいきません。

ヨーロッパでも最も古い築600年クラスの木造住宅は、

フランスのオルフールに残されています。

石が永遠に朽ち果てない材料であることは直感的にわかっていますが、

古民家を見れば木が簡単に朽ち果てる物ではないことも理解できます。

そして石以上に古民家としての趣を出しているのは、

木材のような気がします。

現代の建物は鉄とコンクリートでできていて信頼していますが、

鉄骨造の歴史は250年弱ですし、鉄筋コンクリートは

150年の歴史もありません。

その間に錆びや塩害などの問題もありました。

歴史を見る限りは木材の方が長持ちしている歴史を持っています。

その上、鉄やコンクリートには、古さの趣きは、まだ感じられません。

本当の木材の使用価値というのは、

見直さなければならないのかもしれません。

木造住宅は、それだけの魅力を持った家であるということです。

 

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞