井上幸一のみんなで学ぶ「住コトNEWS」

/

均一のサイズでない

古民家のモジュールには畳の寸法が全て同じで、
柱間の寸法を変化させる畳割りと、
柱間の寸法を固定して畳のサイズを調整する
柱割りがあります。

現在の住宅は全国ほぼ柱割りが採用されていますが
昔は地域により別れていました。

一般的に関西では畳割りが多く、
柱割りは関東が多かったようです。

境界線は曖昧ですが、
飛騨、美濃、越中が畳割で、
信州、越後は柱割りが多いようです。
大雑把に飛騨山脈が境界になっているようです。

畳割りは地方により寸法に特色があり、
いわゆる京間の6.3尺×3.15尺畳が
滋賀の中程まで分布しています。
滋賀県でも彦根ぐらいになると、
6.3尺と6尺の畳が混在しています。

関西圏は京都を中心に6.3尺
美濃、尾張は6.3尺
飛騨、越中、加賀や能登は5.8尺×2.9尺
周防(山口県)、安芸は6.1尺
肥前は6.2尺

柱割りは、
1間の巾が6尺が一般的で、
遠州、駿河、信州、越後、江戸
東北地方へ行くと
5.6尺?6.5尺と一定していない様々なようです。

当に古民家は地域性が有り
建築基準法で日本の家は「均一化された」ようです。
均一化されて「ハウスメーカー」が台頭したようです。

安全と安心と地域に合った住宅造り・・・
こんな非常識に挑戦をしていきたいと思います

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞