/

家は夏を旨とすべしを考える 1

家の作りやうは、夏をむねとすべし。
冬は、いかなる所にも住まる。」 吉田兼好『徒然草』の一節です。
しかし 「家づくりは冬を旨とすべし」と公言する東京大学准教授前真之氏。

前准教授は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
温度も湿度も高く蒸し暑い「日本の夏」においては、
通風や扇風機では限界があり、エアコン冷房が唯一の命綱。
エアコンで効率良く冷房できる間取りが考えられていない。
冷房が本当に必要な空間だけを間仕切ることができない。

しかし 冷房の消費電力は現状でも目くじらを立てるほどではない。
いかなる時も使ってはいけないような「危険物」ではないのである。
必要な時につつましく冷房できるという 「次善の策」は絶対に必要である。

吉田兼好だって、 700 年後の人たちが
文明の利器をかなぐり捨てて苦しく暮らしていると聞いたら、
さぞビックリするだろう。

昔は昔、今は今。 21世紀における真の「夏旨」とは、
通風と冷房の「2段構え」である

人間は汗が乾く限り暑さには強いが、低温は我慢することができない。
体毛が薄い人間は冬に放熱量を抑えるすべが限られるので、
気温が20℃を切れば寒低温は我慢することができない。

人間は毛皮を脱ぎ捨て暑さに特化した生き物。 寒さにはからきし弱いのだ。

東京は、夏の暑さでは香港やジャカルタ、マニラ並みに高い。
一方で、冬はパリやベルリンと大して変わらない。
日本では「夏は熱帯」「冬はヨーロッパ」という両極端の気候が、
1年の中で否応なしに繰り返されている。

日本に暮らすというのは、結構「過酷」なことなのだ。 こ
うした気象条件と人間側の事情とのギャップを考えれば、
日本の大部分の地域において冬の寒さへの備えが 何より重要なことは明白である。

もちろん、日本の夏もかなり「手強い」ので無視できない。
しかし、だからといって冬を軽視するのは絶対にNG。
夏と冬のどちらかとなれば、まずは「冬を旨とすべし」である。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日経より抜粋
明後日この続きを書きます

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞