/

田舎ぐらしから見えるもの 2

昨日に引き続き「都会と田舎の違い」

田舎は軽自動車が多い
都会はカーシェアリングが多い

都会は「電車」「バス」の利用が多く
あまり車に乗らないので「カーシェアリングサービス」で
様々なシーンで様々な車に乗るのです。
住宅地近辺には多くの駐車場があり
それら駐車場の多くで「カーシェアリングサービス」があります。

33都道府県5200以上のステーション数がある
タイムズ24の「タイムズカープラス」
レンタカーを借りる際は、レンタカー店舗まで行かなきゃいけませんでしたが
「タイムズカープラス」は近くで借りられます。
指定した駐車場に出向き、
クルマに取り付けられたカード読み取り機にカードをかざせば解錠、すぐに出発
レンタカーサービスは返却前にガソリンを満タンにするのが面倒でしたが
「タイムズカープラス」は15分206円でガソリン代も保険料金も込みの料金体系です。
使った分だけの精算になるため
長めに予約して短時間で返却できればその分は当然支払う必要ありません。
スマートフォンのアプリを使えば、近くにどれくらい空き車両があるか一目で分かり
空きがあれば、すぐに予約ができ
延長したくなれば、スマートフォンから簡単に延長手続きができます。

都会の空き地活用は「コインパーキング」からの「カーシェアリング」
都会は「車をシェアする時代」です。

田舎の空き家問題は「二地域居住」。
田舎は「家をシェアする時代」になると私は思います、

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞