/

日本に合った家

現在の住宅事情というのは、
ハウスメーカーが建てる家と工務店の建てる家と大きく二つに分けられます。
日本の住宅の大半は、木で建てられています。

これは、戦前までもそうでした。
それなのに、日本の家の寿命はわずか30年ということです。
戦前は100年という家が沢山ありました。

では、なぜ短命といわれるようになったのか。
それは、戦後の日本の高度経済成長期時にさかのぼります。
産業が発展すると同時に、
家の需要も急激に増え、
住宅金融公庫ができ住宅ローンへと大きく変わりました。
借金してでも家を建てるそんな考えに成りました。

それまでは、職人さんが山から木を切って、
運び削り数年かけて家を造ってました。
一軒一軒丁寧に造っていたものです。
しかし、それでは生産が追いつかないということで、
工場での大量生産へと変わっていきました。
このころに成ると、
建材メーカーができ新建材という工業化製品が世に出はじめました。
「木の家より、プレハブの家が長持ちする」
といったPRを大きな宣伝力でユーザーに植え付けたのです。

小さいころから昔の家に住んでた方から、建て替えを計画されました。
両親は、今まで住みなれた家が良いからと、猛反対されたというのです。
それならばと、直ぐ横にハウスメーカーの家を建てられ、数十年。
外壁が、剥がれて、張り替えを勧められたと言われます。
夏は暑く、エアコンのフル稼働だとか、
壁紙にもしみがつきやはり、以前の自然素材の家が良いと、最近、良さが解りました。
そんな、体験をされたユーザーの方もおられます。

日本の住宅は、気候風土に適した素材が一番の様な気がします。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞