/

伝統的構法による木造建築物状況調査技術者

古民家の情報は不明確であり、
古民家の適正な評価・維持管理について正しい情報を提供し、
消費者の不安を取り除くことが必要という背景にて
伝統的構法による木造建築物状況調査技術者講習
(通称:デンモク・伝木)をスタートしました。

既存住宅の質の不安を解消し、
活発な流通を促す目的で創設されたインスペクションに伝統構法に特化した調査内容を習得し
伝統構法に特化したインスペクションを実施することが狙いです。

建築士の方でなければ取得できませんが
全国で今注目されている古民家。その専門的知識を有し
しっかりと各地域で輝いて欲しいと願っています。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞