/

所有者不明土地

所有者が分からないまま放置されている土地を
地域の公益目的で活用できるようにする特別措置法がスタートしました。

登記簿などで所有者を調べ
見つからなければ活用計画を都道府県に提出。
知事が審査し公益性が確認されれば、最長10年の使用権が認められます。
地方自治体だけでなく民間企業も土地を活用できます。
所有者が現れて明け渡しを求めた場合は
使用期間(10年)終了後返還することになります。

「市民農園や地域の住民の為のCCRC事業などの用地にしたい」
との提案が寄せられているそうです。

令和の時代・・・
人々が寄り添い、助け合い、和の心を持って切り開く時代です。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞