/

空き家課題解決

全国の総住宅数6242万戸のうち
空き家の数は846万戸、空き家率は13.6%
空き家の内訳を見てみると
・一戸建てが317万戸(37.5%)
・長屋建てが50万戸(5.9%)
・共同住宅が475万戸(56.2%)
共同住宅とは
「1棟の中に2つ以上の住宅があり、廊下・階段などを共用しているもの」
という定義で、分譲マンションや賃貸アパートなどです。
全国の空き家のうち
マンションを含む共同住宅が半数以上を占めているのです。
そもそも
空き家をなくすためにはどうすればいいのでしょう?
少子高齢化と人口減少が問題になっているにもかかわらず
新しい住宅が増え続けているのですから
これでは空き家問題が解決するはずはありません。
「売るために新しい住宅をつくり続ける」業界と
「新築住宅信仰」消費者、双方が意識を改めることが
空き家問題の解決の原点となります。
特にマンションは大問題です。
新しいマンションをどんどん作っています。
マンションは管理費・修繕積立金を徴収し
適切な時期に大規模修繕工事を行っていっても、
次第に老朽化していきます。
そして新しいマンションに移り住み
古いマンションは余っていきます。
最後に誰かが
「古いマンションの空き家」というババを引きます。
国土交通省の報告書には、
「鉄筋コンクリート造建物の物理的寿命は117年」
「外装仕上げで延命すれば150年」
と書かれています。
適切な維持・管理を施していけば、3世代住むことができます。
しかし
1戸建て住宅より「長く住もう!」と考えてないマンション。
「住教育」大事です。
10月は住生活月間です。
住教育推進機構では国土交通省の後援の元、全国各地で
開催しています。
「ホントの大切なことを伝えていくこと」
それは【建築業界の私たちの使命】であり
それをするこで【建築業界の未来がある】と考えています。
「新しいものにしか価値はない」の時代から
「古いものにホントの価値がある」という時代を創っていきたいと思います。
全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞