/

土地神話

「土地神話」
「地価は永遠に上がり続ける」という神話です。

「地方が駄目でも都市部は大丈夫」
「駅前のマンションは大丈夫」
未だに「土地神話」を語る業者さんがいます。

記憶に新しい
「レオパレス」や「かぼちゃの馬車」問題

業者は土地持ちの高齢者に建物を建てさせて
高齢者は不動産で安易に儲かると考えてそれに乗りました。
「家賃を30年にわたって保証する」と言われて
借金をしてアパートやマンションを建てました。
少子高齢化で土地がどんどん無価値になっていく状況の中
「土地神話」が残っていたのです。

今でも日本人は
「土地を持ちたい」「マイホームが欲しい」と考える層が多くいます。
不動産は維持管理費も掛かり
固定資産税も取られ、意外にコストが掛かります。
日本人は株式にはほとんど関心を持ちませんが
不動産には大きな関心を持ちます。何故なのでしょう?

マンション・アパートの空き部屋も含めた空き家総数は
2040年には2,000万戸を超え
野村総研は
「2033年には日本全国の3戸に1戸が空き家になる」と予想します。

地方ではもう過疎による限界集落が共同体を破壊していますが
都市部でも郊外から「スラムマンション」が増えてきています。
マンションの場合
建て替えは居住者全員の合意がない限り不可能で
老朽化したマンションは何もできないまま朽ち果てる可能性が高いです。

それでもまだ「土地神話」で営業する建築・不動産業界です。

自分で自分を守る以外手はない・・・・「住教育」大事です。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞