/

分譲団地再生

「上郷ネオポリス」
1970年に大和ハウス工業が開発したニュータウンです。
868戸に約2000人が居住しています。
約50%が高齢者世帯です。

商店の閉店で買い物の利便性悪く
少子化により小学校が廃校しています。

日本の未来の縮図です。

そこに「大和ハウス」サポートで
住民が運営するコンビニ併設型コミュニティ施設の
「野七里テラス」がオープンしました。

コンビニと路線バスの待合所の機能も有するコミュニティー拠点です。
施設は地域住民から募集されたボランティアにより運営され
ローソンの店長・従業員も地域の方々が雇用されています。
ここを拠点とした移動販売も行われています。
建物内外に40以上の席が設けられていて、高齢の方々が集います。

住民からは
「大和ハウスは、開発終了後は売りっぱなしだった。
意見交換会が始まった頃は半信半疑だった」といいます。

大和ハウスは
ニュータウン再生、ストック住宅の流通活性化
空き家問題の解決に向けての事業をスタートさせ試行錯誤をしています。

「空き家問題の解決」のビジネスはスタートしたばかりです。
これから「空き家ビジネス」は拡大していくことだと思います。

私達はもっともっと切磋琢磨しながら
「ビジネスモデルを確立」させていきたいと思います。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞