/

ふるさと納税

総務省はふるさと納税の返礼品の価格について
寄付額の3割までに抑えるよう指示をしました。
自治体は1万円の寄付に対して
平均で約4000円分の返礼品を送り返しているようです。

私は「これはやりすぎ」と思っていました。
宝飾品や家電製品、金券といった換金性の高い返礼品もおかしいです。
税金払って商品もらって換金する・・そりゃダメです。

ふるさと納税は
「応援したい地域に納税する」のが目的のはずで
納税者が「返礼を目的」は間違っています。
また
自治体が寄付金を集めるために高額返礼も間違っています。
寄付の多くを地域活性化の原資に充てなくてはなりません。

ふるさと納税は
自分の好きな自治体に寄付をすると
寄付額から2000円を差し引いた分の税負担が減る仕組みです。

2015年度の全国のふるさと納税の寄付額は合計1653億円。
税優遇の拡大や手続きの簡素化で関心が高まり、
前年度の4.3倍に急増しました。

儲かる儲からないより・・・・「いい(正しい)ことを当たり前」
そんな時代を創らないといけませんよね。
全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞