/

日本の文化「終身雇用」

働かない正社員の雇用を打ち切れるようにすべきだ――
オリックス元会長の宮内義彦氏の発言です。

「正規雇用は一度採用されたらクビにならない。
たとえ生産性が下がっても企業は解雇できない。
だから非正規で雇用調整せざるをえなくなり、
非正規はいつ契約が終わるかとびくびくしながら働かざるをえない。
働かない人の雇用を打ち切れるように、
解雇条件をはっきりさせることが必要」と述べています。

正社員は一度採用されたら、クビにできないのだろうか。

「企業には、正社員を解雇する『解雇権』があります。
この解雇権は、客観的に合理的な理由がなく、
社会通念上相当であると認められない場合には、
無効となります。
この『客観的に合理的な理由』や『社会通念上の相当性』については、
『できない』という意味ではなく、『難しい』だけです。
現行法下でも、能力不足や適性欠如などを理由とする解雇はおこなわれています」
と弁護士は答えます。

多くの正社員は、終身雇用を前提として、
『大きな問題さえ起こさなければ、定年まで勤めることができる』
といった期待を持っています。
解雇を容易にするのであれば、それだけ労働市場が流動化し、
労働者が
いつでも転職できるような世の中になっていることが必要だと思います。
しかし、現時点では、そうなっているとはいえません。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞