/

自然と戦う人

自然の猛威によって消えた街
あるいは人類の浅はかな行動によって失われた村など、
自然の大きな力に、人類が抵抗することは難しいです。
「海に沈んだ漁業の島」
この100年前は陸続き同然に行き来できたはずの場所が
そうではなくなってしまいました。
「ホーランド島」は長さ8キロの細長い島です。
1600年代の終わりにヨーロッパからの開拓者が定住。
そこが2013年以降、ホーランド島は完全に水没したのです。
水と果敢な戦いを続けた「スティーブン・ホワイト氏」
20世紀には
島には東西の海岸に並行して走る2本の道沿いに60軒の家が建ち並び
360人が住んでいました。
そこに祖父が住んでいたのです
ホーランド島の地盤は岩ではなく沈泥と粘土ででいたので
異常ともいえる速さで浸食が進み
島に住むのはペリカンとアオサギとアジサシだけになりました。
島に残っていた最後の家と2つの墓を水没から守り
20年近くにわたり迫り来る波と奮闘を繰り広げたのです。
https---imgix-proxy.n8s.jp-content-pic-20170716-96958A9F889DE3EAE6EBEAE0E1E2E2E7E2E5E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO1849996005072017000000-PN1-5
ホワイト氏は
たった1軒残っていた1880年代に建てられた2階家を購入
1893年にわずか13歳で亡くなった「エフィー・ウィルソン」という少女の墓の碑文に
「どうか私を忘れないで。それだけが私の願い」と刻まれていて
それを見た途たん、ホワイトは涙を押え切れず、声を上げ
その時生涯をかけてホーランド島を救おうと固く誓ったのです。
島に残った家と大半の土地を7万ドルで手に入れると
彼は土地の消失を食い止めるために
妻のダイアンとともにほとんど毎週末を島で過ごしました。
海岸に木で防波堤を築き、土嚢を並べ、
全部で23トンもの石を手作業で積み上げました。
2003年に襲ったハリケーン「イザベル」が島に生えていた樹木の半分以上を引きちぎり、
崩れかけていた家にさらなる追い打ちを掛けました。
2010年、彼は重い病に倒れてしまいました。
たった1軒残っていた家はもはや自然の力に逆らいきれず、
とうとう10月に倒壊。
その後数カ月の間に家の残骸も海にすっかりのみ込まれ
現在では、ごくわずかに残った島の形跡も、満潮時には完全に水没したのです。
自然には勝てません。
しかし
その立ち向かう姿勢こそが「歴史に名を刻み」ます。
私は諦めることなく、その姿勢に憧れます。
全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞