/

14歳

藤井聡太くん(四段・14歳)の最多連勝記録
「14歳の快挙」にびっくりしました。
しかし14歳は彼だけでなく
卓球の張本智和くんも
史上最年少で世界卓球の男子シングルス準々決勝に進みました。
あの「水谷選手」も破っています。

この14歳活躍は決して珍しいことではなく
「今まで生きてきた中で一番幸せ」とうれしさを爆発させた岩崎恭子さん
(1992年のバルセロナ五輪女子200メートル平泳ぎ金メダル)
女子フィギュアスケートで数々の記録を塗り替えた浅田真央は14歳で
国際大会でのトリプルアクセルに成功しています。
(紀平梨花さんも14歳で成功させました)

なぜ14歳の誕生日前後に快挙が相次ぐのか?
「天才脳が関係している」(医学博士・米山公啓氏)と言われています。
小さい頃から厳しい訓練を積み重ね
それが1万時間に達すると、一流の能力が培われるという学説があります。
1日の練習量は人それぞれですが、4・5歳で訓練を始めれば
それは14歳前後になります

14歳は子供から大人になる過渡期です。
大人の知力・体力と、子供の無邪気さが奇跡的にマッチしたことで
爆発的な活躍につながったようです。
「怖いもの知らずのチャレンジ精神」
失うものがないから、周りを気にせず挑戦できます。

これまで何も考えずに先輩にぶつかっていけばよかったですが
今後、経験を積んでいくと
その実績が邪魔をして「負けられない_「うまくやらねば」という気持ちが芽生え
若いときの成功体験が大きいほど
スランプになると、自分のやり方を変えづらくなります。
早熟の天才が伸び悩むのは、そこです。

東京五輪が近づき・・・今後「天才脳」の活躍に期待です。
そして「その成長」にも注目していきたいと思います。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞